Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テラナイトまとめ

今期最後に使用したレシピを元に解説します。


メイン40
テラナイトアルタイル3
デネブ3
ベガ2
ウヌク3
ライオウ3
増殖するG2
うさぎ2
モン18

ブラックホール
羽根箒
蘇生
ソウルチャージ
増援
サイクロン2
魔法7

因子3
デモンズチェーン3
神宣
リビングデッド3
激流3
ミラーフォース2
罠15

エクストラ15
テラナイトトライヴェール2
ダイヤ2
プトレマイオス2
デルタテロス1

ラプソディ1
カステル1
ロンゴミ1
ショックルーラー1
プレアデス1
サイバードラゴンノヴァ1
サイバードラゴンインフィニティ1
サイバーエンドドラゴン1

サイドデッキ15
雪うさぎ1
応戦3
増G1
ギャラクシーサイクロン1
闇の護封剣3
サイクロン1
ダイヤモンドダスト3
砂塵1
ソウルドレイン1


テラナイトの構築は何通りかあるのですが、そのうちの一つライオウ型になります。

•メインの枚数
→40枚
初動がないと話にならないので少ない程いいです。
中盤以降ならモンスターをトップで引いても良い場合が多いので増やす理由もないです。
調整段階で初動を引けないと負けに直結するのはわかりきっていました。
枚数でデッキが分かる環境でもないですから無理に増やすのは一番良くないです。

•勝ち筋
→アドバンテージで差をつけて相手を突き放します。
アルタイルループとトライヴェールを駆使していきます。

"先行と後攻の選択"
•デッキがわからない場合
後攻

•デッキがわかってる場合
先行
→ヒーロー、クラウンブレード

後攻
→それ以外

"構築に関して"

•ベガ2
→初手にあると便利です。
素引きしていない場合は、1枚目は墓地に置いておいて、2枚目はサーチします。
墓地に置く方法はウヌクで直接でなくともデネブでサーチした後出してエクシーズ素材として使って送ってもいいです。
一見初動に絡まないように見えますが、4×2を即座に作る事ができるため、他の方法でもう一体用意する事ができれば4×3でデルタテロスを作る事ができます。
つまり初動になる事もあります。僕はこの方法で何度もデネブに辿り着けない事態を打開しました。

しかし、ベガが被った状態でGケアでベガ温存などを行うと途端に動きが鈍くなってしまいます。
また、後攻を意識した構築にしたので3枚目の採用は見送りました。

•激流3
ヒーロー相手に後うちもできるカードが欲しかったので。ミラーフォースと枚数を悩んだのですが海皇、ヒーローを意識してフル投入になりました。


"以下、非採用カード"
•ヴェーラー
→ネクロス相手にしか強く使えないと思っています。
ネクロスがそんなにいないと調整段階から考えていたので早い段階から不採用が決定していました。

•リゲル
→システムモンスター突破に便利です。
しかし、序盤に手札にある場合長引かないと役割が来ないです。

•シリウス
→ネクロス相手にあると便利です。
しかし、序盤に手札にある場合長引かないと役割が来ないです。

•簡易融合
→ノーデンの枠が作れなかったです。
パワーはあるのですが、エクストラを変えたくなかったため調整でも敬遠して結局使わなかったです。

"サイドチェンジ"

•対ネクロス(ライオウ型)
後攻を取れる場合
inサイクロン、ギャラサイ、闇の護封剣3、ダイヤモンドダスト3
outG2、うさぎ2、ベガ1、蘇生、宣告、デモチェ

取れない場合
inサイクロン、ギャラサイ、闇の護封剣2、ダイヤモンドダスト3、砂塵
outG2、うさぎ2、ベガ1、蘇生、宣告、デモチェ

•対ネクロス(リアチェン型)
inサイクロン、ギャラサイ、闇の護封剣1、ダイヤモンドダスト3、砂塵

outG2、うさぎ2、ベガ1、蘇生、宣告

•対テラナイト
in増G、うさぎ、サイクロン、砂塵

out激流3、ブラックホール

•対クリフォート
inうさぎ、サイクロン、ギャラサイ、闇の護封剣1、砂塵

out増G2、デチェ3

•対ヒーロー(後攻取ります)
in増G、うさぎ、サイクロン、闇の護封剣3

outベガ1、蘇生、ソウルチャージ、リビデ3

•対クラウブレード
後攻取れる場合
in増G、うさぎ、サイクロン、ギャラサイ、闇の護封剣3、ソウルドレイン

outライオウ2、ベガ1、宣告、デモチェ3、ミラーフォース1

取れない場合
in増G、うさぎ、サイクロン、ギャラサイ、闇の護封剣2、ソウルドレイン、砂塵

out蘇生、デモチェ3、リビデ1、宣告、ミラーフォース2

•対海皇
in増G、サイクロン、ギャラサイ、ダイヤモンドダスト3、ソウルドレイン

outうさぎ1、ブラックホール、羽根箒、リビングデッド2、ミラーフォース2

•対ノイド
in応G3、ギャラサイ

out増G1、うさぎ2


"各デッキに対する立ち回り"

•対ネクロス
ユニコールはデルタテロス、クラウソラスはロンゴミアントでなるべく突破します。ユニコール、クラウソラス単体に魔法、罠を消耗させられるのはなるべく避けたいです。

メイン
→ライオウで相手を消耗させて、突破されたらトリシューラをケアしつつ攻めます。ショックルーラーまたは5ゴミアントをゴールとして考えます。
サイド後
→伏せ割を投入してユニコールディサイシブ+脱出をなるべく突破することを意識したサイドチェンジです。
相手も不要な札がなくなっているのでメインより厳しい戦いをしいられます。

•対ヒーロー
構築段階で一番意識しています。
メイン
→手札誘発やライオウで時間を稼いで盤面を作ります。先に盤面を作られるとどうしても不利です。

サイド後
→闇の護封剣で盤面を返せるようになりますが伏せ割を増やされると序盤は手札誘発頼りになりやすいです。

•対テラナイト
プレイング難しいですが運要素が一番高いです。
因子を頭に常に置いておきましょう。

•対クリフォート
メインは相手次第になります。
サイド後からはプレイングでどうにかなりやすいです。

•対海皇
一番大会でやりたくないです。
ライオウと罠を置かれて、突破に時間を要するとワンキルされます。

•対ノイド
メイン
→ダイヤと罠で耐えながらビートします。サーチするテラナイトが他のデッキと変わってくる時があるので注意。

サイド後
→応戦があると安心できます。
安心できるだけで勝てる訳ではないので油断は禁物です。

•対クラウンブレード
他のデッキと同様に攻撃できるモンスターを2体並べてクラウンをなるべく残さないようにします。
特段意識していることはないです。


疲れたのでここら辺で終わりにします。
今期も終わりという事でまとめとして残しておきたくなったので書きました。
質問等があればTwitter(@little_power_)でなんでも答えます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。